デューク大学研究:サナダムシ蟯虫は免疫システムの暴走サイトカン・ストームを防ぐ

コロナウイルス、またはそれに伴うワクチン(多種多様なバイオ&化学兵器の体内注入)によるサイトカン・ストームで多くの人々が亡くなった。サイトカン・ストームとは異常な免疫システムの暴走で体がシャットダウンしてしまう事だ。それは死を意味する。

nge.jp/technology/111153

today.duke.edu/2015/07/wormsonthebrain

GUT WORMS PROTECT BABIES’ BRAINS FROM INFLAMMATION

腸の蟯虫は、炎症から赤ちゃんの脳を保護します

A Duke University study in rats finds that gut worms can protect babies’ brains from long-term learning and memory problems caused by bacterial infections in newborns.Baby rats with tapeworms avoided the brain inflammation that plagued worm-free rats after exposure to immune triggers in adulthood.What’s more, the benefits began early, while still in the womb. Expectant mother rats with tapeworms passed similar protection on to their worm-free pups, the researchers found. The findings could point to new ways to treat or prevent the chronic brain inflammation linked to cognitive disorders like Alzheimer’s disease, autism and depression.

デューク大学のラットでの研究では、腸の蟯虫が新生児の細菌感染によって引き起こされる長期的な学習と記憶の問題から赤ちゃんの脳を保護できることがわかりました。成人期。さらに、利益はまだ子宮の中にある間に、早くから始まりました。サナダムシを持った妊娠中の母親のネズミは、ワームのない子犬に同様の保護を渡しました、と研究者達は発見しました。この調査結果は、アルツハイマー病、自閉症、うつ病などの認知障害に関連する慢性脳炎症を治療または予防するための新しい方法を示している可能性があります。

The study appears online in the journal Brain, Behavior, and Immunity.Previous studies by Duke neuroscientist Staci Bilbo and colleagues showed that when rats get bacterial infections at a very early age, even elsewhere in the body, immune cells in their brains become hypersensitive to subsequent infections and pump out a continuous stream of messenger molecules called cytokines that can cause cognitive problems later in life.

この研究は、オンラインのジャーナルBrain、Behavior、andImmunityに掲載されています。デューク神経科学者のStaciBilboとその同僚による以前の研究では、ラットが非常に早い年齢で細菌感染を起こすと、体の他の場所でも、脳の免疫細胞が過敏になることが示されました。その後の感染症は、サイトカインと呼ばれるメッセンジャー分子の連続的な流れを排出します。これは、後年の認知障害を引き起こす可能性があります。

Given how frequently bacterial infections strike, it was still unclear why a single infection at the wrong time would send the brain’s immune cells into permanent overdrive.“We have faced bacterial infections throughout our entire evolutionary history, presumably also during the neonatal period,” Bilbo said. “It always seemed kind of strange that the immune system would have evolved to overreact like that.” That got Bilbo thinking. “Maybe this isn’t how the immune system evolved to work,” she said.

細菌感染がどれほど頻繁に発生するかを考えると、間違った時期に単一の感染が脳の免疫細胞を永続的なオーバードライブに陥らせる理由はまだ不明でした。「進化の歴史全体を通して、おそらく新生児期にも細菌感染に直面しました」「免疫系がそのように過剰反応するように進化したのは、いつも奇妙に思えました。」 「多分これは免疫システムが機能するように進化した方法ではありません」と彼女は言いました。

According to what scientists call the “Biome Depletion Theory,” some autoimmune and inflammation-related diseases may be the result of too few of the life forms that once lived in and on the body — particularly gut worms — rather than too many. Tapeworms, roundworms and other wormy companions have inhabited the warm wet folds of animal intestines for more than 100 million years, bathing in a constant supply of food and nutrients.Over millions of years of co-existence, the theory goes, the immune system learned to tolerate these live-in guests, and eventually adapted to work with worms in mind. The theory is that now, with worms gone from our guts, the body’s natural defenses can spiral out of control. “Our bodies are essentially an ecosystem,” said Duke immunologist.

科学者が「バイオーム枯渇理論」と呼んでいるものによると、自己免疫疾患や炎症関連疾患の中には、かつて体内や体内に生息していた生命体、特に腸内虫が多すぎるのではなく、少なすぎることが原因である可能性があります。サナダムシ、回虫、その他の虫食いの仲間は、1億年以上にわたって動物の腸の温かい湿ったひだに生息し、絶え間なく供給される食物と栄養素を浴びてきました。これらの住み込みのゲストを許容し、最終的には蟯虫を念頭に置いて作業するように適応します。理論は、蟯虫が私たちの腸から消えると、体の自然な防御が制御不能になる可能性があるというものです。 「私たちの体は本質的に生態系です」とデューク免疫学者は言いました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s