干ばつでコロラド川の一部が干上がる

コロラド川の一部、レイク・ミードが干ばつで、ドンドン干上がっている。下の画像は1週間前には水があった場所。今は干上がって魚が死んでいる。

youtube.com/watch?v=7PoQqvryUfo

フーバーダムのある場所のレイク・ミードの水深は、一日に1Foot(30cm)の割合で浅く成ってきている。もうすぐフーバーダムは発電ができなくなる。取水口よりも水深が浅く成れば、水を取る事ができなくなるからだ。発電できなくなると、その電力に頼っている広大なエリアでは、他の場所からの電力を買わなければ成らないため、電気代が跳ね上がる。

コロラド川は7州に渡って流れる川。特に乾燥地帯のラスベガス、ユタ州、アリゾナ州、カルフォルニア州、そして国境を接しているメキシコの飲水&農業用水として使われている。水が無くなってくれば、水道の使用規制が始まり、断水する時間が長くなる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s