PCRはクローンを作るための技術として開発された

ournewearthnews.com/2022/08/19/pcr-is-not-test-but-is-cloning-technology-that-can-turn-humans-into-insect-hybrids-ariyana-love-groundbreaking-research-on-pcr-test-cloning-luciferase-genetic-engineering-broken-down-so-we-can-compr/

PCR (polymerase chain reactionポリメラーゼ連鎖反応は検査の略)は検査では無く、クローン技術として開発されたもの。PCR 技術は、細胞を操作するための分子クローニング装置。

PCRテクノロジーはベクター DNA 配列と蛍光タンパク質(ホタルの発光酵素であるルシフェラーゼ)を使って遺伝子のクローンをする。

PCRは、染色体 DNA から独立して複製する人工プラスミド (DNA 分子) を使用して、宿主生物に人工組換え DNA 配列決定を推進。

寄生虫やワーム(線虫)は、体内で切断された mRNA のキャリアであり、ヒトゲノムへのトランスフェクションに使用される。

微生物からのDNAは、分子レベルでヒトのクローンを作成するために使用される。

Vector DNA is prepared in Ecoli.ベクター DNA は Ecoli (大腸菌)で調製する。

厚生省ファイザーワクチン審議結果報告書にも、ファイザーワクチンの原料として大腸菌が使用されていると書かれている。

spacetravelinalabama.wordpress.com/2021/06/20/厚生省ファイザーワクチン審議結果報告書/

「ワクチン内に入れるDNAを大腸菌に導入、クローニングされた後、マスターセルバンクが調整された」⬇️ ⬇️ ⬇️ 

PCR 「テスト」は、遺伝子配列決定に使用され、クローン作成プロセスがどの程度進行しているかを確認するため。つまりPCRで、あなたの遺伝子が一体、どれくらいのハイブリッド過程を経ているのかを確認している。そのハイブリッド化は、遺伝子組み換え食品を食べたり、ワクチンなどの医療により遺伝子組み換えをされていたりという事。

正常なヒトゲノム内の特定の遺伝子を削除し、その後、昆虫の酵素/タンパク質であるルシフェラーゼを含むあらゆるものでmRNAをコードする。ルシフェラーゼを含むmRNAテクノロジーを使用してヒトゲノムを変更し、人間を昆虫ハイブリッドに変えている。つまり人々が、ワクチンやPCRなどで、昆虫の遺伝子を組み込まれているという事。

PCR の棒が鼻孔奥(脳みその入り口)に突き刺さされた場合、生殖を行うと子孫に影響を与える可能性がある。(遺伝子組み換えされているために)。

PCR には、自己複製ナノテクノロジーである 遺伝子組み換えされた人工寄生虫のモルジェロン が含まれている。ワクチン接種者、そしてPCRを受けた人々は、その人工寄生虫のモルジェロンが皮膚の下を這っているのを感じることができる。

皮膚の下を這うモルジェロン人工寄生虫

米国国立衛生研究所のNIH の研究によると、彼らは線虫を mRNA のキャリア(媒介者)として使用しています。これらの線虫に感染した人の子孫はミュータント(変異体)になる可能性がある。

遺伝子操作:X染色体上の遺伝子を削除することにより、雌雄同体を作成できます。

虫のように動くヒドロゲルは、PCR の棒やマスクなどに見られる薬物送達に使用されている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s