遺伝子組み換えワクチンによる有害事象ト​​ップ 7

globalresearch.ca/top-7-most-unexpected-adverse-events-gene-mutating-covid-jabs/5793430

過去 2 年間で、COVID-19 の「ワクチン」によって直接的または間接的に引き起こされた恐ろしい「副作用」と健康被害に関して、何千もの事例、事例、研究、有害事象が報告されています。ほとんどの人は、血栓、心筋炎、心膜炎、心臓発作、脳卒中、およびSADS(成人突然死症候群)。しかし、残念なことに、それよりもはるかに多くの損害が発生しています。

ワクチン業界と製薬会社は一般に、健康を損なう「薬」の責任から保護されており、主流メディアはワクチンについて否定的なことを決して公表していませんが、おそらくあなたが知らない多くの有害事象が発生しています。被害者は噂を広めており、和解や訴訟に勝っています。

以下は、有毒なスパイクタンパク質注射による最も予期しない有害事象のトップ 7 と、それに起因する/関連する非常に深刻な健康への影響です。

#1。帯状疱疹が発生する(目にも)

#2。坐骨神経痛の痛み(しばしば足の中央を下る)

#3。むずむず脚症候群(RLS)

#4。運動能力の喪失と重大な神経損傷

#5。接種後にCOVIDを複数回キャッチ

#6。視神経炎の発症を含む失明(網膜から脳に視覚情報を送る視神経が炎症によって損傷を受ける)

#7。死後の特性を欠く長い繊維状の塊(血栓とは異なります)

COVID-19ワクチンは、帯状疱疹を引き起こすウイルスの再活性化に関連しています

新しい研究は、ワクチンと帯状疱疹ウイルスの再活性化との関連を示唆しています。これは、水痘帯状疱疹ウイルス (VZV) の再活性化の後に起こり、一部の人では数回発生する可能性があります。いくつかの症例報告は、これらの帯状疱疹の「再燃」と「発疹」が COVID-19 ワクチンを接種した直後に起こっていることを示しています。2021 年に、 NIH を介して Trusted Sourceによって公開された記事では、mRNA ワクチンによるワクチン接種後の帯状疱疹発疹のいくつかのケースが報告されました。

ワクチンの刺傷による深刻な神経損傷が、より一般的な「副作用」になりつつあります

神経細胞には主に 2 つのタイプがあります。感覚神経 (痛み、圧力、感覚のメッセージを伝える) と運動神経 (筋肉に動きを伝える) です。これらの神経は壊れやすく、重要な領域への血流とニューロンの流れをブロックするスパイクタンパク質、さらには神経の保護被覆 (ミエリン鞘) への損傷などによって損傷を受けやすく、衰弱や時には麻痺につながります。

COVIDワクチンなどの特定のワクチンは、脳と脊髄の炎症を引き起こすことにより、急性神経損傷を引き起こす可能性があります(ADEM). スパイクタンパク質は体全体を移動し、重要な臓器を汚染するため、他の神経損傷が発生し、その一部は元に戻せません.

COVID「ワクチン」は、肩、腕、手の筋肉を制御する神経に影響を与える上腕神経炎 (別名パーソナージ-ターナー症候群) を引き起こす可能性もあります。症状には、ワクチン接種後の灼熱感、ピンと針のような感覚、および機能の喪失が含まれます。

COVIDワクチンによって引き起こされる血栓は、永久的な失明や難聴を含む壊滅的な怪我を引き起こす可能性があります

血栓は、体の血管系のほぼどこにでも壊滅的な損傷をもたらす可能性があります。目の微小血管系(組織内に血液を分配する小さな血管)の脳に血栓が発生すると、視力障害または完全な視力喪失を経験する可能性があります. これは、COVID ワクチンを含むワクチンの後に発生することが知られています。

マスメディアやソーシャル メディアはこれらの出来事について沈黙を守っていますが (「誤情報」または「偽情報」として投稿を禁止、検閲、削除)、それはそれらが起こっていないことを意味するものではありません。

結局のところ、VAERS (米国のシステム)、英国の「Yellow Card」システム、ヨーロッパの「EudraVigilance」データベースなど、政府の規制機関に非常に多くのこれらのインシデントが報告されています。言い換えれば、COVIDワクチンによる大量の視覚的損傷が世界中で報告されています. これは実際にホットな話題であり、調査が進行中です。さらに、突然の難聴に加えてワクチンによる深部静脈血栓症と肺塞栓症が続く。

むずむず脚症候群 – 2021 年のパイロット研究では、COVID-19 ワクチン接種を受けた人の 7% が RLS に苦しんでいることが明らかになりました

スパイクタンパク質を注射された後にむずむず脚症候群 (RLS) に苦しむ人々のほぼ 3/4 は、人生で一度も RLS を経験したことがありませんでした。ワクチンによる暴力の被害者の 13% 以上が、最初の数日で RLS が消えなかったと言っています。パイロット研究の結論は、COVID-19ワクチン接種が以前のRLSの参加者に「RLS症状の閾値を誘発または低下させた可能性がある」ことも明らかにしています.

COVIDの3回目接種は、COVIDの感染率が最も高いことを繰り返し示しています

世界中の報告によると、COVID-19 の「ワクチン」の有効性は、そもそも有効性が非常に弱かったにもかかわらず、低下し続けています。現在、研究によると、3回目注射を受けた人は、ワクチンを接種していない人よりも武漢の「機能獲得」病に感染する可能性が3〜5倍高いことが示されています. それを少しの間沈めてみましょう。

これらの結果は、高齢者や免疫不全の人だけでなく、すべての年齢層で明らかです。

さらに悪いことに、注射された人の死が急増していることです。つまり、彼らはウイルスまたは有毒なワクチンで死んでおり、血栓や心臓のストレスを引き起こしています.

「数値は、すべての年齢層で 3 回ワクチン接種を受けた者の中で、発症率が最も高いことを示しています」と デイリー・エクスポーゼ (英国) は報じています。ワクチンを接種していない人と3回接種した人との差は、月ごとに悪化しています。」

有毒なワクチンによって負傷したと思いますか? 医師がこれまでに見たことのない、奇妙で長く繊維状の血栓があるかもしれません。これらは、重金属を収集し、致命的な可能性があるナノ粒子の塊を形成するワクチンからのものである可能性が最も高い.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s