ワクチン接種した子供達の8割が接種後コロナに感染

厚労省のワクチン副反応検討部会で提出されたデータ。78%のワクチン接種した子供達が、接種6ヶ月後にはコロナに感染。感染してできるN抗体を持っている事が分かった。

youtube.com/watch?v=xoQ5K0HiIUI

これでワクチンでは感染を防げない事が証明された。それどころか、接種により感染する可能性が高くなる。

政府のワクチン推奨無限ループ(マッチポンプ)

ワクチン接種→→→→→→→感染者増

 ↑              ↓

 ↑              ↓  

ワクチン接種推奨 ←←←感染者増報道

   

関連記事

ファイザー:ワクチンで感染が予防できるというデータはどこにも無い

欧州議会議員のロブ・ルース氏は、ファイザーの重役に、議会で次のように質問しました。「ファイザー社のワクチンは、市場に出る前にウイルスの感染を阻止することについて治験されましたか?」

ファイザー社の国際先進市場担当社長であるジャニーン・スモール氏は、これに対して次のように述べました。「ワクチンが感染を防止するか調べたか?(笑う)そんな時間はありませんでしたよ。」

つまりワクチンが感染を防止するというデータはどこにも無いという事。それにも関わらず、「感染防止のために打ちましょう」とは非常に馬鹿げている。

Advertisement

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s