7割接種者がワクチンで心臓損傷?

globalresearch.ca/after-covid-vaccine-rolled-out-faa-has-very-quietly-tacitly-admitted-that-electrocardiogram-ekg-pilots-no-longer-normal-we-should-be-concerned-very-concerned/5805050

プエルトリコで177名の8歳から84歳までのワクチン接種者に、FDA(米国の厚生省みたいな役所)が認定している診断機で心臓損傷のスクリーニングをしたところ、なんと7割のワクチン接種者に心臓損傷のサインが見られた。

米国ではワクチンを仕事上、強制されたパイロット達の殆どが心臓を損傷しており、FAA米国連邦航空局は、パイロットの心臓機能の基準を大幅に緩めた。FAAはワクチン強制後、殆どのパイロットの心電図に異常が生じているのを認めた。それでも多くのパイロットがフライトできる様に、基準を大幅に緩めた。でないとフライトできるパイロットが殆ど居なく成ってしまうからだ。

世界中のお偉方が集まるスイスでのダボス会議では、ワクチン接種をしていないパイロットだけが募集された。フライトの途中で心臓停止されては困るからだろう。

Advertisement

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s