ハリケーン・イアンの高潮は2階建ての建物の屋根の高さ

米国ニュースは、ハリケーン・イアンの死者(死体数)は87人に上ったと報道しているが、高潮に飲まれて海に流されていった人々が多数居ると考えられるために、死者は5百人近くには成るだろう。酷ければ千人近く行く可能性もある。というのはフロリダ州は半島で袋小路。そのために主要高速道路はフロリダ州の西と東海岸にそれぞれ1つあるだけ。そのためにフロリダ州から他州への脱出は不可能に成っている。高速道路に行っても、車は渋滞しており、全く前進しない。そのために高速道路上の車の中で一晩過ごす事に成り、家に居るよりも危険性が高まる可能性。だから多くの人々が避難せずに家に居残る事を選択する。

ビーチに比較的近いエリアでも、古い1階建ての家々は多い。以前フロリダ州クリアウォーターに住んでいた私の家は海から車で10分の距離だったが、古い1階建ての家で、地面から床の高さは、たったの10cmくらいしか無かった。日本の家は、少なくとも玄関から床までの高さは30cmくらいあるだろう。フロリダ州の平屋は洪水に成ったらオシマイ。今回の高潮は、1階建ての屋根以上の高さ、ビーチ沿いは2階建ての屋根の高さまで高潮が来た。そのために、避難せずに家に居残っていた人々の多くは、高潮に攫われ海へと流されていった事だろう。ビーチ沿いの高い建物に住んでいて生き残った人々が見たのは、道路上や瓦礫の下に成っている数々の遺体だった。

youtube.com/watch?v=1ndo74ONYYY

ハリケーンによる高潮が来る前の様子

海から水が入り込んできた。

その水の高さは、あっと言う間に高く成ってきた。この高さだと、車は流される。こう成った時点で、慌てて車で避難しようとして、車ごと海へと流された人々も多い。

あっと言う間に、逆さまのOPENの看板が水没した。後ろの赤い2階建て建物の1階部分が水没。

手前にあった3本のパームツリーが殆ど見えなくなった。

この時点で、後ろの2階建ての赤い建物が浮き、動き始めた。

2階建ての赤い建物の屋根ちかくまで高潮が達した。この建物は浮き、かなり移動した。

もう殆ど建物は見えない。

そして浮いている建物の屋根だけが見えている。

かなり人口密度の高いサニベル島への道と橋は完全に破壊され、本土から寸断された。復旧には1年以上掛かるだろう。つまり、その道と橋が復旧するまでは住む事は不可能。パイン島も同様。道路と橋が破壊された。

フロリダ州サニベル島で見つけたレプティリアンの三本指の足跡

以前、フロリダ州クリアウォーターに住んでいた時、3時間掛けてフォートマイヤーズにある日本食のビュッフェで食べた後、サニベル島まで行ってビーチをエンジョイしてきた。そのビーチの入り口付近には、なんと3本指のレプティリアンの足跡を発見!たまたまデジカメを持ち合わせていたので写真を撮った。

あなたも、ビーチなどの砂地へ行く時には、レプタリアンの三本指の足跡を探し、写真を撮って来てください。結構あるもんです。

あと偶然かもしれないが、私のコンピューターを監視している(時々、遠隔操作で邪魔をしている)エージェントが、ハリケーンが来る2〜3日前に、フォートマイヤーズに出張していた。そこには軍事施設は無いが、闇の政府FEMA(レプティリアン政府)がフォートマイヤーズ空港にある。空港地下には彼らの秘密地下基地が必ず併設されており、他の場所の秘密地下基地と地下トンネルで繋がっている。そこのFEMA事務所にでも呼び出されていたのだろう。この監視エージェント、彼は通常、ケンタッキー州のルイスビルで働き、彼の家はテネシー州のナッシュビルにある。何故、私に彼の居場所が分かるのか?それは私のコンピューターのロケーションが、このエージェントのロケーションに成っているから。だから彼がフォートマイヤーズに出張に成れば、私のコンピューターの位置もフォートマイヤーズに成る。

密かに食品・製品に仕込まれている猛毒イソシアネート・マイクロカプセル

柔軟剤の匂いでお馴染みのイソシアネートは猛毒。CDCのサイトでは「イソシアネートへの被爆は、通常、吸入または経皮吸収によって起こります。暴露後 1 ~ 4 時間で毒性が発現する可能性があります。イソシアネート被爆の兆候と症状には、通常、咳、呼吸困難、胸痛、流涙、まぶたの浮腫、意識消失などがあります。これらの影響は、次の 24 ~ 72 時間で進行し、急性肺損傷、心停止、および死亡に至る可能性があります。

イソシアネート・マイクロカプセルは、多くの人々が気づかずに購入し使っているが、多種多様な食品や製品に使われている。

イソシアネート・マイクロカプセルは、買う時にはあまり匂いには気が付かない。殆ど匂いはしない。柔軟剤の毒の匂いが酷くなるのは、マイクロカプセルが摩擦で破壊されて、中に入っている猛毒イソシアネートが空気中に漂うように成ってからだ。

hotaru-osentaku.com/?mode=f42

kakutaclinic.life.coocan.jp/Isocyant.html

私が経験した猛毒イソシアネート・マイクロカプセル食品&製品

米の中にもイソシアネート・マイクロカプセル!藤井商店の新潟産キヌヒカリ。米を研いでいる時には、殆ど匂いがしないが、米を炊くと、熱でマイクロカプセルが破壊され、中の猛毒イソシアネートが出てくる。パッケージには「洗剤の匂いが移りやすいです」などと書かれており、ワザと入れてあるのに移り香と言い訳しているわけだ。ずる賢い会社!

他にもダラーストアー(一種の100円ショップ)で見つけた米国産の米国米(玄米)にも猛毒イソシアネートが入ってました。研いでも研いでも猛毒イソシアネートは取れません。炊いて熱が加わった途端にマイクロカプセルが破壊され猛毒イソシアネートが飛び出し、家中に匂いが漂った。炊きあがったイソシアネート米を食べてみると、口の中にも柔軟剤の匂いが広がり、まるで柔軟剤を食べているみたいだった。食べた後、1ヶ月間くらいは、体から匂いが抜けずに、どこに行っても、何を食べても、イソシアネートの匂いがした。

食品ラップ

ダラーストアーからいつも買っている食品ラップ。ある時点から、この猛毒イソシアネート・マイクロカプセルがまぶせられ始めた。電子レンジでチンしたり、熱いおにぎりを包んだ時に、熱でマイクロカプセルが破壊され、中から猛毒イソシアネートが出てくる。ラップで包んだおにぎりは、柔軟剤の匂いのおにぎりに成った。

ゴミ袋

今では、猛毒イソシアネート・マイクロカプセルがまぶせられいないゴミ袋を探すのは、殆ど不可能。あるゴミ袋はかすかな匂い。あるゴミ袋は家中にイソシアネートの強い匂いを放つ。それでウォルマートに返品した事がある。ウォルマートの女性が「これ、家中に臭うでしょう!」って言っていたね。私の使っているゴミ袋は、イソシアネートの匂いはするが、ほとんど気にならない。以前は、キレイに洗った衣服を、季節替わりで、暫くの間使わない時には、ゴミ袋に入れて収納していたが、ゴミ袋に入れてしまったら、再び洗わないとイソシアネートが付いた服を着る事に成る。困ったものだ。

隣の家からの洗濯の匂い

洗濯洗剤などに含まれているイソシアネート・マイクロカプセルは、一回の洗濯で一億個以上のマイクロカプセルが服に付着するそうだ。経皮毒として皮膚から吸収されるのだろう。あと洗濯する際に、乾燥機などから飛び散ったマイクロカプセルを吸い込んで猛毒イソシアネートが肺に入り込む。そのマイクロカプセルは、かなり遠くまで飛んでいく。隣の家が洗濯乾燥する度に、30m離れた私の家まで猛毒イソシアネートの匂いがする。つまり私の肺にも多少の猛毒イソシアネートが入り込んでいるという事だ。そんな毒で服を洗って乾燥させて、その服を来てマイクロカプセルを皮膚から吸収し、匂いを呼吸で吸い込んでいるのも知らず。洗濯して服がキレイになったと信じている。

私自身は市販の洗濯洗剤は買わない。ベーキングソーダ(重曹)とボーラックス(ホウ砂)、そして数滴の台所洗剤(匂いのマイルドなもの)だけで洗濯している。ちなみにシャンプー兼ソープもオーガニックストアーからのもの。お酢で薄めて使っている。

ナノ粒子のマイクロカプセル。こんなものが服に沢山付いている。

kakutaclinic.life.coocan.jp/Isocyant.html

ポリウレタン=イソシアネート

イソシアネートにアレルギーを起こした人の大半はすでに柔軟剤仕上げ剤は使っていません(当クリニックでは受診時に使用を避けるようにお話しています)。したがって、柔軟剤仕上げ剤や消臭スプレー(もちろん他の人や家から飛んできますが)に含まれるマイクロカプセル以外のものからも感作されている可能性があり、調べていると衣類がありました。最近多くの人が使っている伸びる衣類、すべすべした衣類に組み込まれたポリウレタンは劣化の過程でポリウレタンが分解しイソシアネートが揮発します。劣化によって揮発したイソシアネートが皮膚を刺激している可能性があります。劣化したポリウレタン製品の品質は数年で低下し、ボロボロになっていきます。

建材にも幅広く使われている猛毒イソシアネート・マイクロカプセル

実際にコンクリートを何袋か買ったら、柔軟剤の匂いがした。最初、猫のトイレの砂の匂い?猫のトイレは実はコンクリート?と疑問が浮かんだ。イソシアネートが仕込まれているんだったら納得。コンクリートを袋から出すと砂埃と成って肺に入り込む。あと作業用の手袋の中からもイソシアネートの匂いがした。手袋の中にまぶせられている。木を切る作業をして、手が熱を持つと、その熱と作業のインパクトでマイクロカプセルが破壊され、中からイソシアネートが漂ってくる。

上の表を見ると、コンタクトレンズとも書かれている。目の中にイソシアネートって怖すぎる!

そう言えば、ワクチンを接種した人々から柔軟剤の匂いがするとの情報が多々送られて来る。あのワクチンにも猛毒イソシアネート・マイクロカプセルが仕込まれている事は間違い無いだろう。そして接種者達は、歩く化学兵器(猛毒イソシアネート拡散兵器)と歩くバイオ兵器(多種多様な菌やウイルスを知らずに撒き散らしている)と成った。

ameblo.jp/kazumimi1215/entry-12688616446.html

北極の氷が無くなってきている

youtube.com/watch?v=hqRdu2riNlg

左側の2012年の9月と比べて、今年2022年の9月の北極の氷。非常に薄く成っているのがわかる。2012年には5m以上の厚さのあった氷が、2022年には2m以下に成っている。広い範囲で1m以下の氷の厚さに成っている。

北極や南極の氷が溶けているという事は、海面上昇だけでなく、地球の大気圏内を巡っている水分も非常に多く成っているという事。それは多くの水害に繋がる。特に9月は台風が多い月。多くの強力な台風が発生する事が予測できる。

この北極圏での氷の消滅は、地球温暖化というよりも、ポールシフトによる北極圏の移動、そして活発な太陽活動の周期に入った事の影響が大きいだろう。NOAAとNASAの情報をチェックしていると太陽爆発CMEなどが頻繁に成ってきている事が分かる。

遺伝子組み換えワクチンによる有害事象ト​​ップ 7

globalresearch.ca/top-7-most-unexpected-adverse-events-gene-mutating-covid-jabs/5793430

過去 2 年間で、COVID-19 の「ワクチン」によって直接的または間接的に引き起こされた恐ろしい「副作用」と健康被害に関して、何千もの事例、事例、研究、有害事象が報告されています。ほとんどの人は、血栓、心筋炎、心膜炎、心臓発作、脳卒中、およびSADS(成人突然死症候群)。しかし、残念なことに、それよりもはるかに多くの損害が発生しています。

ワクチン業界と製薬会社は一般に、健康を損なう「薬」の責任から保護されており、主流メディアはワクチンについて否定的なことを決して公表していませんが、おそらくあなたが知らない多くの有害事象が発生しています。被害者は噂を広めており、和解や訴訟に勝っています。

以下は、有毒なスパイクタンパク質注射による最も予期しない有害事象のトップ 7 と、それに起因する/関連する非常に深刻な健康への影響です。

#1。帯状疱疹が発生する(目にも)

#2。坐骨神経痛の痛み(しばしば足の中央を下る)

#3。むずむず脚症候群(RLS)

#4。運動能力の喪失と重大な神経損傷

#5。接種後にCOVIDを複数回キャッチ

#6。視神経炎の発症を含む失明(網膜から脳に視覚情報を送る視神経が炎症によって損傷を受ける)

#7。死後の特性を欠く長い繊維状の塊(血栓とは異なります)

COVID-19ワクチンは、帯状疱疹を引き起こすウイルスの再活性化に関連しています

新しい研究は、ワクチンと帯状疱疹ウイルスの再活性化との関連を示唆しています。これは、水痘帯状疱疹ウイルス (VZV) の再活性化の後に起こり、一部の人では数回発生する可能性があります。いくつかの症例報告は、これらの帯状疱疹の「再燃」と「発疹」が COVID-19 ワクチンを接種した直後に起こっていることを示しています。2021 年に、 NIH を介して Trusted Sourceによって公開された記事では、mRNA ワクチンによるワクチン接種後の帯状疱疹発疹のいくつかのケースが報告されました。

ワクチンの刺傷による深刻な神経損傷が、より一般的な「副作用」になりつつあります

神経細胞には主に 2 つのタイプがあります。感覚神経 (痛み、圧力、感覚のメッセージを伝える) と運動神経 (筋肉に動きを伝える) です。これらの神経は壊れやすく、重要な領域への血流とニューロンの流れをブロックするスパイクタンパク質、さらには神経の保護被覆 (ミエリン鞘) への損傷などによって損傷を受けやすく、衰弱や時には麻痺につながります。

COVIDワクチンなどの特定のワクチンは、脳と脊髄の炎症を引き起こすことにより、急性神経損傷を引き起こす可能性があります(ADEM). スパイクタンパク質は体全体を移動し、重要な臓器を汚染するため、他の神経損傷が発生し、その一部は元に戻せません.

COVID「ワクチン」は、肩、腕、手の筋肉を制御する神経に影響を与える上腕神経炎 (別名パーソナージ-ターナー症候群) を引き起こす可能性もあります。症状には、ワクチン接種後の灼熱感、ピンと針のような感覚、および機能の喪失が含まれます。

COVIDワクチンによって引き起こされる血栓は、永久的な失明や難聴を含む壊滅的な怪我を引き起こす可能性があります

血栓は、体の血管系のほぼどこにでも壊滅的な損傷をもたらす可能性があります。目の微小血管系(組織内に血液を分配する小さな血管)の脳に血栓が発生すると、視力障害または完全な視力喪失を経験する可能性があります. これは、COVID ワクチンを含むワクチンの後に発生することが知られています。

マスメディアやソーシャル メディアはこれらの出来事について沈黙を守っていますが (「誤情報」または「偽情報」として投稿を禁止、検閲、削除)、それはそれらが起こっていないことを意味するものではありません。

結局のところ、VAERS (米国のシステム)、英国の「Yellow Card」システム、ヨーロッパの「EudraVigilance」データベースなど、政府の規制機関に非常に多くのこれらのインシデントが報告されています。言い換えれば、COVIDワクチンによる大量の視覚的損傷が世界中で報告されています. これは実際にホットな話題であり、調査が進行中です。さらに、突然の難聴に加えてワクチンによる深部静脈血栓症と肺塞栓症が続く。

むずむず脚症候群 – 2021 年のパイロット研究では、COVID-19 ワクチン接種を受けた人の 7% が RLS に苦しんでいることが明らかになりました

スパイクタンパク質を注射された後にむずむず脚症候群 (RLS) に苦しむ人々のほぼ 3/4 は、人生で一度も RLS を経験したことがありませんでした。ワクチンによる暴力の被害者の 13% 以上が、最初の数日で RLS が消えなかったと言っています。パイロット研究の結論は、COVID-19ワクチン接種が以前のRLSの参加者に「RLS症状の閾値を誘発または低下させた可能性がある」ことも明らかにしています.

COVIDの3回目接種は、COVIDの感染率が最も高いことを繰り返し示しています

世界中の報告によると、COVID-19 の「ワクチン」の有効性は、そもそも有効性が非常に弱かったにもかかわらず、低下し続けています。現在、研究によると、3回目注射を受けた人は、ワクチンを接種していない人よりも武漢の「機能獲得」病に感染する可能性が3〜5倍高いことが示されています. それを少しの間沈めてみましょう。

これらの結果は、高齢者や免疫不全の人だけでなく、すべての年齢層で明らかです。

さらに悪いことに、注射された人の死が急増していることです。つまり、彼らはウイルスまたは有毒なワクチンで死んでおり、血栓や心臓のストレスを引き起こしています.

「数値は、すべての年齢層で 3 回ワクチン接種を受けた者の中で、発症率が最も高いことを示しています」と デイリー・エクスポーゼ (英国) は報じています。ワクチンを接種していない人と3回接種した人との差は、月ごとに悪化しています。」

有毒なワクチンによって負傷したと思いますか? 医師がこれまでに見たことのない、奇妙で長く繊維状の血栓があるかもしれません。これらは、重金属を収集し、致命的な可能性があるナノ粒子の塊を形成するワクチンからのものである可能性が最も高い.

地球のポールシフトを書いた小説がCIAによって隠蔽されていた

cia.gov/readingroom/docs/CIA-RDP79B00752A000300070001-8.pdf

CIAが没収して隠蔽していた小説がある。それはAdam and Eve Storyという小説だ。なぜCIAがただの小説を没収して隠蔽しなくてはならなかったのか?それは、その本には地球の天変地異のポールシフトの状況が詳細に書かれている。そう、ただの小説では無く、地球の近い将来を知っている一種の未来人、または異星人、または異次元人が書いた本と言えるだろう。ある情報では、彼は米国空軍に勤めていたUFO研究者だったという。

数年前、CIAは280ページ近くあったその本を57ページに短くしてデクラスした。つまりその本に書いてあった殆どの情報を消してのデクラス。もちろん公表しなかったページには、政府が人々に知られたくない情報が書いてあったに違いない。

ではその地球の軸がズレるポールシフトとは、その本ではどの様に描かれていたのだろうか?

youtube.com/watch?v=wvjJqIXYT1w

地震が次々と起き、スーパーソニック的な音速の速さの風が全てを破壊する。ポールシフトは90度移動。4時間位でポールシフトが終わるが、それに伴う津波が3千メーター以上の高さ。その波が収まるまでに6日間掛かる。

その後、南極や北極が赤道の暑い場所に移るために、全ての氷が溶けて海面が61メーター上昇する。ポールシフトの際には、地表が割れ、中からマグマが吹き出し、マグマの液状になるそうだ。だから3千メーター以上の高い標高に居たとしても、激しい地殻変動のために生き残るのは難しいだろう。

「インドのベンガル湾が北極、ペルーの西の太平洋が南極に成る」とも書かれている。

あるイギリスのポールシフト研究家は、世界中に住んでいる何人かに計測を頼み、地場上の北極点の動きを観察している。ポールシフトが一気に加速する40度地点に達するのに、あと7ヶ月と述べている。

youtube.com/channel/UC5eyItTI4iIx0kVBcpyGpRw

下の画像の濃い赤い部分のエリアが地場の非常に強い場所。そしてその赤い帯が北から南下し、南から北上し、丁度インドとインドネシアの間のベンガル湾(ポールシフト後の北極点)の辺りで合流する様に見える。

祝 人食いトカゲの女王がやっと死にました!

レプティリアン特有の縦線目。昨日、病院に入院した際の模様。比較的元気そうだった。

youtube.com/watch?v=ZCp66Obsoy8

死因については全く明かされず、「平和的に死んでいきました」との事。光の銀河連邦からのキル・スイッチでもオンに成ったのか?これからは劇的に悪者達は減らされる。

911ニューヨーク同時多発テロの何千人が死んだ時でも、レプティリアンのニュースキャスターやレポーター達は平気だった。取り乱す事も無く、淡々と(台本)を語っていた。それがこのエリザベス女王の死に関しては、かなり動揺している様子で、声が震えていた。つまりレプティリアン女王の死が、爬虫類人達に大きなインパクトを与えたという事だ。彼らは知っている。彼らの支配している世界が足元から崩れ去る時が今だという事を。

因みに、殆どの彼女の死を伝えているニュースのYoutubeビデオのコメント欄はオフにされていた。多くの人々が「やっとレプティリアン女王が死んだ!」とか「トカゲの女王は人間の子供達が大好物だった」などのコメントを書いているからだ。

巨人の手が岩に成った?化石化したペニス?

町の大きさの手?

アリゾナ州Kayentaのアメリカインディアンの町

google.com/maps/place/Wetherill+Inn/@36.7174861,-110.2609905,2805a,35y,38.59t/data=!3m1!1e3!4m10!3m9!1s0x8730d9f9bee6cdc9:0x9dacc32dbbdc74f!5m4!1s2022-10-05!2i2!4m1!1i2!8m2!3d36.7261838!4d-110.2552796

アリゾナの砂漠で見つかった人間のペニスの化石?

youtube.com/watch?v=iJhtfVRkFWk

普通、人が死んだら、ペニスなどの柔らかい部分は1ヶ月も掛からずに腐って無くなる。それがそのままの形で化石化した?という事は、死んだ直後、または生きている間に化石化させられたという証拠。どうやら生きたまま化石化できる宇宙兵器が存在する模様だ。

こちらは化石化した足が入ったカーボーイブーツ。このカーボーイブーツ自体はゴム底でできている近代的なブーツだ。化石化するのに普通は何百年も掛かるが、ブーツ自体は50〜60年くらいしか経っていない。

化石化した骨の組織が見える。

石化した巨人は、あちらこちらに存在する。