電子レンジは兵器として開発された

電子レンジは米国兵器産業のトップのRaytheon社によって開発された。つまり電子レンジは兵器会社に兵器として開発された商品という事だ。

研究者はマグネトロンと呼ばれる新しい真空管をテストしているときに、ポケットのチョコレートバーが熱で溶けていることを発見した。彼はマグネトロンの近くにポップコーンの粒をいくつか置いて、別の実験を試みることにした。そしてトウモロコシの粒がフワフワのポップコーンに成って弾けているのを見た。

第二次世界大戦が終結すると、短距離軍用レーダー用のマイクロ波を生成するために使用されていたマグネトロン管の市場も終焉を迎えた。兵器開発会社Raytheon などのマグネトロン メーカーは、この兵器技術の新しいアプリケーションを熱心に探していた。それで開発したのがレーダーレンジ。これが電子レンジのオリジナルの商品名。

ミサイルなどの軍事兵器開発の会社Raytheon。死の技術を食そして料理の技術にして売り出した。

では一体、どういう仕組で電子レンジは食べ物を温めているのか?

米国厚生省のFDA「マイクロ波は、マグネトロンと呼ばれる電子管によってオーブン内で生成されます。マイクロ波はオーブンの金属内部で反射され、そこで食品に吸収されます。マイクロ波は食品中の水分子を振動させ、食品を調理する熱を発生させます。」

「マイクロ波は、脂肪、砂糖、水の分子に引き付けられて吸収されます。分子が動き回って摩擦や熱が発生し、食品が調理されます。」

食品の分子が摩擦しあい、分子がぶつかり合って熱を形成している。だから食品がマイクロ波を照射された後には、食品の分子レベルで破壊されているという証拠。そして食品は栄養の無い異物と成る。

そしてマイクロ波は脂肪、砂糖、水の分子に吸収される。そう食品に吸収されているのだ。マイクロ波が。つまりマイクロ波が振りかけられた食品を食べているわけだ。マイクロ波は一種の放射能。その放射能が吸収された食品をあなたは食べている。

私自身は、もう15年以上も前に電子レンジを捨てた。そんな危険な食品兵器を家に置く気は無い。因みにIH調理器も電子レンジと同様の技術を使用されたもの。電磁波クッキング。

jeic-emf.jp/ih-oven.html

熱によってでは無く、ヘルツという周波数で料理しているのをオカシイと感じない人はオカシイ。

電子レンジで加熱した水を冷まして植物に与えた実験。左が電子レンジ水を与えた植物。右が浄化水を与えた植物。

三日目。既に電子レンジ水を与えた植物の成長が止まってきた。

電子レンジ水を与え続けた9日後には完全に枯れた。

PCRはクローンを作るための技術として開発された

ournewearthnews.com/2022/08/19/pcr-is-not-test-but-is-cloning-technology-that-can-turn-humans-into-insect-hybrids-ariyana-love-groundbreaking-research-on-pcr-test-cloning-luciferase-genetic-engineering-broken-down-so-we-can-compr/

PCR (polymerase chain reactionポリメラーゼ連鎖反応は検査の略)は検査では無く、クローン技術として開発されたもの。PCR 技術は、細胞を操作するための分子クローニング装置。

PCRテクノロジーはベクター DNA 配列と蛍光タンパク質(ホタルの発光酵素であるルシフェラーゼ)を使って遺伝子のクローンをする。

PCRは、染色体 DNA から独立して複製する人工プラスミド (DNA 分子) を使用して、宿主生物に人工組換え DNA 配列決定を推進。

寄生虫やワーム(線虫)は、体内で切断された mRNA のキャリアであり、ヒトゲノムへのトランスフェクションに使用される。

微生物からのDNAは、分子レベルでヒトのクローンを作成するために使用される。

Vector DNA is prepared in Ecoli.ベクター DNA は Ecoli (大腸菌)で調製する。

厚生省ファイザーワクチン審議結果報告書にも、ファイザーワクチンの原料として大腸菌が使用されていると書かれている。

spacetravelinalabama.wordpress.com/2021/06/20/厚生省ファイザーワクチン審議結果報告書/

「ワクチン内に入れるDNAを大腸菌に導入、クローニングされた後、マスターセルバンクが調整された」⬇️ ⬇️ ⬇️ 

PCR 「テスト」は、遺伝子配列決定に使用され、クローン作成プロセスがどの程度進行しているかを確認するため。つまりPCRで、あなたの遺伝子が一体、どれくらいのハイブリッド過程を経ているのかを確認している。そのハイブリッド化は、遺伝子組み換え食品を食べたり、ワクチンなどの医療により遺伝子組み換えをされていたりという事。

正常なヒトゲノム内の特定の遺伝子を削除し、その後、昆虫の酵素/タンパク質であるルシフェラーゼを含むあらゆるものでmRNAをコードする。ルシフェラーゼを含むmRNAテクノロジーを使用してヒトゲノムを変更し、人間を昆虫ハイブリッドに変えている。つまり人々が、ワクチンやPCRなどで、昆虫の遺伝子を組み込まれているという事。

PCR の棒が鼻孔奥(脳みその入り口)に突き刺さされた場合、生殖を行うと子孫に影響を与える可能性がある。(遺伝子組み換えされているために)。

PCR には、自己複製ナノテクノロジーである 遺伝子組み換えされた人工寄生虫のモルジェロン が含まれている。ワクチン接種者、そしてPCRを受けた人々は、その人工寄生虫のモルジェロンが皮膚の下を這っているのを感じることができる。

皮膚の下を這うモルジェロン人工寄生虫

米国国立衛生研究所のNIH の研究によると、彼らは線虫を mRNA のキャリア(媒介者)として使用しています。これらの線虫に感染した人の子孫はミュータント(変異体)になる可能性がある。

遺伝子操作:X染色体上の遺伝子を削除することにより、雌雄同体を作成できます。

虫のように動くヒドロゲルは、PCR の棒やマスクなどに見られる薬物送達に使用されている。

医者はコロナ感染&コロナ死亡と嘘をカルテに書くと国から多額の補助金が貰える

youtube.com/watch?v=blNWtBwNEuw

コロナ死と言われているものは全てワクチン死。

コロナ肺炎で死んだ人はゼロ。交通事故や自殺も含むその他の死亡であっても「コロナ陽性」と分かれば、または医師や病院が補助金ほしさに「コロナ陽性」と嘘をつけばコロナ死と成る。

現在は、コロナ肺炎で死ぬ人々は居らず、持病が悪化して死ぬ人々が多い。何故か?それはワクチンという名の異物を体に接種する事により免疫不全に陥っているからだ。

そしてコメントの書き込みには、病院がコロナ感染またはコロナ死とカルテに書けば、国から多額の補助金を受け取る事ができると書かれていた。このカラクリがコロナ感染とコロナ死の数を多くしている。

計画された食糧難 円安&減反政策でダブルパンチ

youtube.com/watch?v=D24tcci7_4U

人工的で異常な円安。円が下がれば、円の購買能力が減り、物価が上昇する。その上に、米国奴隷の日本政府が減反政策を取り、日本の米の受給率は更に下がっている。日本の食料全体の自給率は3割で、7割は輸入に頼っている。これは非常に危険な状態だ。

これで政府が日中戦争に踏み込んだ時、食料輸入が閉鎖され、日本は飢餓に陥る。第2次世界大戦時は、すくなくとも米の自給率は非常に高かった。食べ物の輸入自体していなかった時代。その第2次世界大戦時でも、多くの人々は飢えた。もし今、日本が日中戦争に突入すると、人々はまず飢餓に陥り、戦争どころでは無く成るだろう。

一番良いのが、都会を脱出して地方の畑がある場所に移る事。自分の畑が持てれば、それが一番確かで安全だろう。地方の海、川、山から自然の恵みを得る事ができる。あとは生活を質素にして豆類、野菜、果物、ナッツ類などの非動物性の食べ物を食べる。それでかなり節約でき、お腹を膨らます事ができる。私自身は豆を大目に煮て、1週間分作り置きし、タッパーに入れて毎日料理に使っている。豆類でもかなり多くの種類があって、毎週、違う豆を煮て食べれば、あまり飽きる事は無い。

備蓄は米1年半分と豆半年分、あとは乾物(しいたけ類、海藻類、乾燥豆腐、スパイス類など)、パスタ類など。備蓄には金銭面とスペースの限りがある。家には、多く備蓄するお金も無いしスペースも無い。備蓄しても、これから水害、地震、火災、竜巻、台風などの災害が起き、備蓄がダメに成る可能性もある。だから備蓄し過ぎるのもリスクが高いだろう。

「ムダなものはこの世には一切ありません」京セラ創業・稲盛和夫

ワクチンによる人口削減が盛んな昨今、彼の「誰一人、何一つ、偶然に生をうけたものは無く、ムダなものはこの世には一切ありません」という名言を、人減らしして喜んでいる政治家達、官僚達、医療関係者達、製薬会社役員&社員達に見せてあげたいね。

youtube.com/watch?v=7v83LNuPGrk

コロナ治療薬エヴァシェルド:緊急事態が終われば禁止される危険な薬

米国FDAによると、緊急事態の間だけ、アストラゼネカ社のエヴァシェルドの使用を承認したが、緊急事態が収束すれば、直ちに使用を禁止すると記述している。

evusheld.com/en/patient

米国FDAによると、エヴァシェルドは治験が始まったばかりであり、一体、どの様な副作用があるのかについては、全く分からない。明らかに成った主な副作用としては心臓疾患。

既に治験で8人が死亡したそうです。

nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2116620

この冬のインフルエンザワクチンは遺伝子組み換えmRNA入り

どうやら全てのワクチンは遺伝子組み換え注射に成るらしい。

uchealth.org/today/new-mrna-flu-vaccine-testing-launching-now/

ファイザーのまったく新しいmRNAインフルエンザワクチンの臨床試験が間もなく開始される。

新しいタイプのインフルエンザワクチンは、人々をインフルエンザからよりよく保護する可能性があり、ワクチンの臨床試験は今月開始されている。新しいインフルエンザワクチンは、mRNA 技術に基づいている。これは、ファイザーとモデルナによって製造された、最も一般的で成功した米国の COVID-19 ワクチンを作成するために使用されたのと同じ方法。

ワクチン接種による欧州での超過死亡率

globalresearch.ca/cdc-backtracks-covid-guidance-damning-studies-mount/5791420

アイスランド、ポルトガル、ギリシャで超過死亡率が非常に高い(15%以上)事が分かる。

接種率を見ると、アイスランドで80%、ポルトガルで87%、ギリシャで71%と非常に高い事が分かる。それが超過死亡率の高さに繋がっている事が証明された。

イギリス欧州米国での報告されたワクチン死亡者数は7万人

globalresearch.ca/jaccuse-governments-worldwide-lying-you-people-populations-they-purportedly-serve/5750650

以下は、2022 年 4 月 3 日時点の最新データ 

EudraVigilance データベースによると、EU/EEA/スイスで 2022 年 3 月 15 日まで – 41,834 人の Covid-19 注射関連の死亡者と 3,858,407 人の負傷者。

2022 年 3 月 9 日までの英国 – MHRA イエロー カード スキームによると、2,061 人の Covid-19 注射関連の死亡者と 1,471,106 人の負傷者。

2022 年 3 月 4 日までの米国 – 25,158 人の Covid-19 注射関連の死亡者と 5,667,613 人の負傷者 (VAERS データベースによる)。

EU/英国/米国の合計 – 2022 年 4 月 3 日の時点で報告された Covid-19 注射関連の死亡者数は 69,053 人、負傷者数は 10,997,126 人です。

上記の公式数値 (保健当局に報告されたもの) は、実際の数値のわずかな割合 (1 ~ 10%) に過ぎないことに注意することが重要です。

という事は、この報告されている死亡者数が、実際にあった死亡者数の1割と考えると、実際の死亡者数は70万人以上と考えられる。日本の去年の超過死亡者数が6万人を越えていた事を考えれば、日本だけでも6万人がワクチンで死んだ可能性がある。