寄生虫が自己免疫疾患の発症を抑える仕組みを解明―1型糖尿病の予防・治療に新たな光―

amed.go.jp/news/release_20200422.html

理化学研究所(理研)生命医科学研究センター粘膜システム研究チームの下川周子客員研究員(国立感染症研究所寄生動物部主任研究官、群馬大学大学院医学系研究科生体防御学協力研究員)と大野博司チームリーダー、国立感染症研究所寄生動物部の久枝一部長らの共同研究グループは、自己免疫疾患[1]の1型糖尿病(Type 1 diabetes;T1D)発症の抑制に関わるCD8陽性制御性T細胞(CD8Treg)[2]の誘導メカニズムを発見しました。

本研究成果は、現代病(花粉症や自己免疫疾患)が増加したのは感染症が減少したからだとする「衛生仮説[3]」を科学的に証明するとともに、T1Dの新たな予防・治療法の開発につながると期待できます。T1Dは、インスリンを分泌する膵臓の細胞が自分の免疫細胞によって破壊され、高血糖が引き起こされる自己免疫疾患で、近年患者が増加しています。

今回、共同研究グループはマウスを用いて、腸管寄生線虫のHeligmosomoides polygyrus [4]が感染すると、T1Dの発症が抑制されることを見いだしました。そしてそのメカニズムとして、寄生虫がトレハロース[5]という糖を分泌することでRuminococcus[6]の腸内細菌が増殖し、この菌によってCD8Tregが誘導されることにより、膵臓の細胞の破壊が食い止められ、T1Dの発症が抑えられることを明らかにしました。さらに、T1Dの患者では血液中のCD8Tregが減少しており、Ruminococcus属の腸内細菌が少ないことも明らかにしました。

今後の期待

CD8Tregはこれまでに、多発性硬化症や全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患に効果があることが動物モデルで示されていますが、その誘導メカニズムは分かっていませんでした。今回の研究で、CD8Tregの誘導には、寄生虫が分泌するトレハロースとそれによって増殖した腸内細菌が必要であることが明らかになりました。今後、このCD8Tregの誘導メカニズムや膵臓での抑制メカニズムが明らかになることで、T1Dの新たな予防・治療法の開発へつながると期待できます。

寄生虫の卵のんで、皮膚や腸を治療 慈恵医大が臨床試験

asahi.com/articles/ASKD85T23KD8ULBJ00P.html

 東京慈恵会医科大は、寄生虫の卵をのませて免疫状態に変化を起こす治療法の臨床試験を始める。まずは安全性を確認する。寄生虫によって一時的に感染症を引き起こすことで免疫システムを調節し、皮膚の病気・乾癬(かんせん)や潰瘍(かいよう)性大腸炎などの患者への効果が期待されるという。

 「豚鞭虫(ぶたべんちゅう)」と呼ばれる線状の寄生虫の卵を健康な男性にのんでもらう。卵からかえった虫は腸に寄生、約2週間後に便とともに排出されるという。この虫は豚やイノシシに寄生し、下痢などを引き起こす。欧米での臨床研究では卵をのんだ人の便が軟らかくなるなどの事例はあったが、重い副作用は報告されていないという。

免疫システムは、細菌やウイルスに反応するタイプと、寄生虫や花粉に反応するものがある。一方が働くともう一方は抑えられ、バランスをとりあうとされる。乾癬や炎症性の腸の病気の患者は、細菌に反応する免疫システムが過剰に働いているとみて、寄生虫にわざと感染させ、病気の症状を抑えようとするのがこの治療法のねらいだ。

 嘉糠洋陸(かぬかひろたか)教授(寄生虫学)は「長い歴史から見れば、寄生虫など自然との共存が本来のかたち。アニサキスやサナダムシなどの寄生虫は日本人にとって身近な存在。効果が示せれば、この治療法も受け入れられるだろう。慢性化しやすい腸の病気などの治療法の選択肢を増やすことにつなげたい」と話している。

「 カイチュウ博士」藤田 紘一郎さん 「キレイ社会が日本人の心を蝕む」寄生虫との共生を訴え続けた40年

weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210706/se1/00m/020/076000d

「カイチュウ博士」として知られた藤田紘一郎東京医科歯科大学名誉教授が5月14日、誤ごえん嚥性肺炎のため死去した。享年81。

 花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患が増えたのは、身の回りの微生物を人間が一方的に排除したことが原因──。微生物の一種である寄生虫には免疫力を高め、アレルギー反応を抑制する効果があるという説を藤田紘一郎さんが唱え始めたのは、40年前のこと。医学界で無視され続けた異説が日の目をみたきっかけは、一般読者向けに執筆した記事や本、そして自らがおなかの中に寄生虫を飼って効果を確かめた「実験」だった。

GHQが回虫持ちだらけに

 藤田さんによると、戦前や戦後間もないころの日本人の約70%が寄生虫の一種である回虫に感染していたという。

「私も小学生のころ感染したが、健康上の問題は何もなかった。当時、スギ花粉を使った『スギ鉄砲』で大量に花粉を友達からかけられたが、花粉症にもならなかった」。

 戦後、日本を占領した米軍兵が野菜サラダを食べて回虫持ちだらけに。驚いたGHQ(連合国軍総司令部)が大規模な駆虫作戦を展開。1980年には回虫をはじめ、日本人の寄生虫感染率は0.2%と激減した。

しかし、アレルギー性疾患が急増。藤田さんは、この因果関係に注目し、寄生虫の存在があるという仮説を立てて研究をスタートさせた。81年にアレルギー性疾患を抑制する物質を寄生虫から分離することに成功した。ところが、この結果を医学専門誌に発表しなかった。

ウンコは腸内細菌の貴重な情報源

「私が、この仮説を唱え始めた70年代半ばから、『藤田の頭はおかしい』と医学界でまるで相手にされなかった。抗菌グッズメーカーからは、激しいバッシングに遭う始末だ。当時の日本では、寄生虫を研究しようにもほぼ絶滅。私はインドネシアやタイなどの途上国を訪れて、現地から大量のウンコを大事に持ち帰り、研究室にこもるという生活を繰り返していた。ウンコを顕微鏡で調べて、卵を探すことから寄生虫研究は始まる。『ウンコは腸内細菌の貴重な情報源』と主張しても無視され続けた」

月刊文芸春秋の「回虫の卵とじ」が大反響

 転機が訪れたのは93年。『文芸春秋』(93年10月号)に「回虫の卵とじ」というタイトルで寄稿すると、読者から大反響があり、その後、メディアの取材を受けるようになった。この反響に手応えを感じた藤田さんは、「人間に良いことをする寄生虫の存在を知ってもらおう」と、94年に『笑うカイチュウ』を執筆。累計約20万部を超える大ヒットとなった。憂う無菌社会

自分のおなかでサナダムシを飼う

 寄生虫の一種であるサナダムシを自らのおなかの中で育てるきっかけは、あるテレビの生番組に出演中の出来事だった。司会者から「そんな体にいいことをするんだったら、藤田先生は寄生虫を飼っているんですよね」と詰問されたことだ。藤田さんが「私は飼っていない」と答えると、この司会者から「それでは話にならない」と切って捨てられた。

「研究結果に自信があったので、その後すぐにサナダムシという人間に悪さをしないことが確認できていた寄生虫をおなか(腸)で飼うことにした。元気のいいサナダムシは1日に20㌢も伸び、1カ月もすると6㍍にも達する。私のおなかですくすく育ち、2年半の寿命をまっとうした。その効果はてきめんで、ひどい花粉症が治り、常に免疫力の高い状態で病気知らずで過ごすことができた。精神が安定するという心理的効

果もわかった」

日本人キレイ好きを憂う

 筆者が最初に藤田さんと出会ったのは、2001年。当時、中国経済の急成長を取り込もうと、日本企業が中国進出を急ぐ中で、現地駐在員が感染症に悩まされた。ここで「カイチュウ博士」の登場である。以来、20年間、SARS(重症急性呼吸器症候群)やエボラ出血熱などの感染症が発生するたびに藤田さんを頼った。

最後に話したのは、昨年5月。「特集コロナ危機の経済学」(20年6月2日号)への執筆依頼のためである。藤田さんは以前から「キレイ社会が日本人の心を蝕むしばんでいる」と、訴えていた。「私が今心配しているのは、コロナ騒動後の日本人の考え方や行動である。キレイ好きの日本人がより一層、その傾向を強め、『無菌状態』を求めるのではないかという不安だ」という書き出しで始まる「キレイ好き日本人が求める『無菌状態』の落とし穴」と題する原稿が遺稿となった。合掌。

Reptilian Elon Musk イーロン・マスクのレプティリアン・シェイプシフト

youtube.com/watch?v=rpIuoxMSFeQ

明らかに人間の手では無い。指、長過ぎ!

肌がレプティリアン特有の緑色っぽい肌に変色している。

顔もシェイプシフト。5Gタワーからの人間ホログラムが上手くいって無い様だ。最近は太陽爆発CMEなどが頻繁にあり、地球上の電波を妨害している。

Poison Ivy for Homeopathy

huffpost.com/entry/using-poison-ivy-as-a-med_b_6149354

reddit.com/r/tea/comments/mh2k7/poison_ivy_tea/

healthline.com/health/rhus-toxicodendron

Rhus toxicodendron is a homeopathic remedy. It’s also known as poison ivy. Other names include Toxicodendron pubescens and Toxicodendron radicans.

Poison ivy may seem like an unlikely remedy. But it’s used to treat several conditions, including:

  • cramps
  • strains
  • sprains
  • restless leg syndrome
  • flu
  • viral infections
  • arthritis

This remedy has mostly been studied for its effectiveness as a treatment for arthritis pain. But research shows its effectiveness is still unclear.

How to distinguish Poison Hemlock & Water Hemlock 毒人参とドクゼリの見分け方

clallam.net/weed/doc/PoisonHemlockWebFactSheet.pdf

The most distinctive feature of poison hemlock is that the entire
plant is hairless. 毒人参には全体的に毛が無い。

In contrast, the look-a-likes have hair somewhere on the plant such as the stem or leaf surfaces. 毒人参に似ている植物には、どこかに毛がある。

Water Hemlock, another poisonous plant ドクゼリの見分け方

eattheweeds.com/ufos-2/look-alikes/elderberry-or-water-hemlock/

Water Hemlock is hairless. 

ドクゼリには毛がありません。

フェイクニュース:救助に来たロシア兵の映像に「ウクライナ兵」のキャプション

youtube.com/watch?v=UeMqNbh72A0&lc=UgzBh8mTNi4GlQeDoVN4AaABAg.9_fcR1W6IRk9_jorkah4TB

ビデオの6:30から。

腕に巻いた白い布がロシア兵またはロシア親衛隊の印。青い布がウクライナ兵の印。

ところが、ロシア兵の映像に突然「ウクライナ兵」のキャプションが入る。

車にはZのロシア軍の印が。

この映像はロシア側からのロシア軍映像で、ウクライナ側からのウクライナ軍の映像では無い。

この映像を見て混乱した人々の反応は

「ウクライナ軍なの、それともロシア軍なの?」

「Zのマークが付いていたけど、この人々は一体、どこに連れて行かれてしまうの?」

などのコメントが多かった。米国CIAがロシア側の映像を利用して、「ウクライナ兵」のキャプションで、ウクライナ兵が人々を救出している映像と嘘を付きたかったのだろう。しかし腕に巻いている白い布、そして車のZの印で、その嘘がバレてしまった。

日本のメディアはCIAから流すべきニュースと映像を提供(=強制)されているので、それに沿ったニュースと映像を流している。日本は独立国家では無い。米国の属国。だからこそアチラコチラに米軍基地が自衛隊基地とセットで同じ敷地に存在する。つまり自衛隊=米軍。

駅に弾道ミサイルが落ちたシーンで笑うクライシスアクターの少女

youtube.com/watch?v=UeMqNbh72A0&lc=UgzBh8mTNi4GlQeDoVN4AaABAg.9_fcR1W6IRk9_jorkah4TB

下の映像は、ウクライナのクラマトルシク駅に、ロシア軍からの弾道ミサイルが落ちたという設定のシーン。黒服で黒キャップを被っている男が、この猿芝居の猿回し(指揮者)。赤いジャケットを着た老女が彼をじーっと見ている。彼からの指示を待っているようだ。その後ろには鳥かごを持った少女。彼女に注目!

次の画像が、弾道ミサイルが落ちた音(弾道ミサイルが落ちたにしては非常に小さい音)がした時のリアクション。赤い服の老女が頭を下げた。そして猿回しの男、赤い服の老女を見ている。ちゃんとリアクションできたか確認しているようだ。彼女の後ろの鳥かごの少女は全くリアクション無し!そっぽを向いている。

その後、少女は「これでもう終わり?」という感じで笑みを浮かべる。

赤い服の老女と中年の女は、例の猿回し男を再び見ている。また彼からの指示を待っているのだろう。これで猿芝居は終わった。下手くそとしか言いようが無い猿芝居。弾道ミサイルが落ちたというインパクトも無かったし衝撃音もミサイル攻撃とはかけ離れたものだった。そして猿芝居の猿達の演技からは、弾道ミサイル着弾の恐怖やパニックは演じられなかった。